このブログを検索

既存不適格の中古住宅を買う場合のリスク

こんにちは、今日のテーマは、

「既存不適格の中古住宅を買う場合のリスク」

です。

そもその既存不適格住宅って何?
というご質問が多いのも事実です。

簡単に申し上げると、その中古住宅が建築された当時は法律に合致しているのですが、今現在の法律においては、適合していない。つまり、今の法律だと同規模の建築ができないと判断される物件を言います。

さて、リスクですが、
金融機関の融資を取り付けることが難しい場合がございます。

全く借りれない訳ではなく、減額といって借りたい金額より少ない金額しか借りれない場合がございます。これは、物件の担保評価が足りないなどという理由からです。

他にも、増改築ができない場合もございます。
そもそも現在の法律に適合していない訳ですから、その物件を増改築するとなると、現在の法律に適合するようになるならば増改築を認めるなど条件が付く場合があります。
極端に言うと、今よりも小さい家にさせられる可能性もあるわけです。

これはあまりあり得ないケースですが、
物件によっては行政により、保安上の危険や衛生上有害と判断される場合は、相当の猶予期間をつけて、使用禁止や使用制限などを付けられる場合もございます。

既存不適格物件は安く変える可能性もございますが、リスクもあるという事を理解する必要がございます。