このブログを検索

家は買うか賃貸か

こんにちは

今日は台風が関東に上陸かという状況になっております。
弊社の西船橋エリアも、JR線路の南側は避難を促す状況になっております。

本日のテーマ

「家は買うか賃貸か」

です。


一部のお金持ちと言われる方々は、絶対に賃貸がお得という話をYouTubeなどでも話していらっしゃいます。

確かに、賃貸であるメリットもあります。
中でも一番のメリットは、自由度ではないでしょうか?

気軽に引っ越せます。
街にあきたり、お隣との問題などなど。。。
いろんな場合を考えてもすぐに引っ越しできるのはメリットだと私も感じます。

ですが、引っ越すとなるとそれなりにお金が必要になります。
例えば敷金2か月分、仲介手数料、保険料や保証料などなど
何だかんだで家賃の4~6か月分くらいはお金を持っていないと話になりません。

一生を賃貸住宅で暮らすのというのは、実際にお金に余裕があるからができる!
お金に余裕があるからこそ考えられる発想なんです。

実際に賃貸住宅では、高年齢と言われる年代のお客様には物件をお貸しできないというケースもあります。

私の個人的な意見としては、
一般的なサラリーマンや独身でないならば、家は早めに購入すべきだと思います。

確かに家を買うには数千万円の借金を背負うという感覚はあります。
しかし、この借金には生命保険がセットされます。
※住宅購入時の住宅ローンには団体信用生命保険がセットになる。

万一の際には、保険が適用になり、借金はなくなり、奥さんや子供に住まいが残ります。

もしも奥様が専業主婦であれば、今の時代は職がない方が家を借りるというのはかなり難しい時代になっています。

家を買うということは、生命保険に加入すると同じような意味もあります。

もちろん、住宅部分は年数とともに劣化しますので価値も下がります。
ですが、土地は残ります。(戸建ての場合)

住宅部分は価値が下がっても、土地の分の資産は極端に半分になるなどという事は考えにくいです。

ざっくりですが、4000万円の建売住宅を買っても土地の価値は2000万円程度は資産価値として残る可能性が高い訳です。

極端な例になりますが、4000万円の家を買って1年後に事故で亡くなっても、家族には借金のない、住宅が残せるという訳です。

賃貸住宅では、家族で住んでいたら、その賃貸契約の権利を奥様が引き継ぐこともできると言えますが、翌月からは家賃と言う負担が発生してしまう訳です。

購入すれば、固定資産税など税金が発生します。
また、金利も発生します。
ですが、固定資産税などの税金と家賃を比べてみてください。どっちが残された家族の負担が軽減されているでしょうか?

家族の安心を買うという点においては住宅購入はメリットです。
賃貸住宅と購入では、家族の安心と考えた場合には大きな差があります。

さて、YouTubeで言っている富裕層と言われる方々ってどうですか、
独身だったりしていませんか?

ご家族がいらっしゃるなら、家は購入すべきです。
私は、そう考えます。

現在は金利も低く、土地の値段もかなり安いと判断できるレベルにあると思います。

今こそ、あなたも家族の安心の為に住宅の購入を考えてみませんか。