このブログを検索

マンションの建て替えってどうなの?

今日のテーマは、

「マンションの建て替えってどうなの?」

です。

築40年以上のマンションの売買などでは、建て替え案なども物件調査中に聞くことが多いです。

では、実際に建て替えの案がうまくいくのはどんな物件なのか?
簡単に言うならば、大きな敷地を保有しているマンションです。
いわるゆ、団地と言われるクラスなら建て替えも現実的です。

なぜ、小さい規模のマンションが建て替えするとなると難しいのかというと、千葉県のエリアですと、ほとんど地域が建物が建築された地域の用途地域よりも今現在が厳しいルールに該当するようになっています。

これって、今建て替えると、昔よりも小さい規模の建物しか建築できない可能性が高いといえます。

って事は、数名の方は今の場所には住めなくなる可能性が出てくるのです。
では、その数名の方たちの分をそのまま住み続ける人たちで買取をするという考えになるのですが、買取する分は新しく建て替えた際に物件価格に単純に上乗せになるのです。

大きな規模のマンションなどでは、敷地に余裕があるので、建築当時よりも大きな規模のマンションを建てたりすることも可能なわけで、その多くなった戸数分を売却してその利益を建て替える費用から差し引く、つまり再建築時の負担費用を抑えることができます。

これが、マンションの再建築がうまくいく場合と、うまくいかない場合の例です。

今の法律で、再建築すると計算すると、建蔽率や容積率がオーバーしてしまう物件などを「既存不適格」物件といい、現在の法律には適合していない物件と言えます。

マンションの建て替えはこれからもドンドンと押し寄せてくる問題です。
国は再建築するように流れ的には進めていますが、根本の問題を解決しないと再建築は進まないです。

再建築したくても新たにローンを組むのは現実的に無理となる方々も同マンションに住んでいる可能性もあります。

本当に問題は多い!
マンションの建て替え問題です。

国は、本当に考えているのでしょうかね?
今のルールでは、大規模マンションや団地と言われるような規模以外は再建築は現実味がないってわかってほしいですね。

本当に難しい時代ですね。

長くなりました。最後までお読みいただきありがとうございました。