このブログを検索

0金利は、本当にいいのか?どっか~ん黒田バズーカ!

こんにちは^^

今日は、

「0金利は、本当にいいのか?どっか~ん黒田バズーカ!」

というテーマでお話致します。

0金利で、住宅ローン金利が下がると言う現象が発生しています。
購入を考えていた方には、とてもメリットのあることです。

しかし、金利が下がったのが事実ですが、審査が甘くなるのでありません!
再度、審査が甘くなるのでありません!


金融機関の担当者に聞いてみたんですが、審査の基準を変える訳ではないと言います。

ぶっちゃけ、買い控えていた優良顧客をどこの金融機関がお客に出来るのかを競っているだけで、表向き金利を下げてお客さんを取り合っているにすぎないようです。

結局、買い控えていた優良顧客をすくい上げたら終わり、この状況は長く続かないと金融機関は見ているようです。

若い金融機関の担当者は、貸出先を探しているので、住宅ローンを借りてくれるお客様を見つけたら、どうにかして審査に通るようにしたいようですが、保証会社などのお偉いさんは、バブルでの痛い思い出を消せず、融資の審査に消極的な感じのようです。

0金利は、一時的には効果があるかもしれませんが、長期には効果がないかもしれません。

とはいっても、インフレに向かうように政治家をはじめ国が動いているのは事実!

最後の手段は・・・
昔あった、住専というシステムに似たようなものがでてくるのは、時間の問題じゃないかなと思っています。

黒田さんの0金利バズーカは、0金利で銀行が貸し出しに積極的になると考えたのかもしれませんが、残念ながら、金融機関の審査基準が緩くならない限り、バズーカの効果は一時的なものに終わってしまうかもしれません。


最後に
住宅の買い控えを行っていた方には、メリットのある金利です。
買うタイミングとしては、良いと思います。
ただ、審査が甘くなっているわけではないのでご注意ください。