このブログを検索

今年で、価格下落も最後かも?

━━━━━━━━━━━━━━━━━━ VOL. 069 ━━ 2010.12.29 ━━
 『たった30分でわかる失敗しない不動産選び』    読者数215名
------------------------------------------------------------------
本日の内容:今年で、価格下落も最後かも?
対策レベル ★★★★☆
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
それでは本文の「今年で、価格下落も最後かも?」です。
------------------------------------------------------------------

寒いくて朝、布団から出るのが嫌々に感じる日々ですね。
さて、今年で、価格下落も最後かも?って業界の関係者も多数言って
います。

実際に、パワービルダーの土地仕入れの価格も上がってきており、仕
入れそのものが非常に難しくなってきたと聞いております。

今までは、材料費の節減や、工期短縮などを行い、物件価格を下げる
努力をビルダーもやっていたようですが、11月ごろからとうとう大工
さんの工賃までも格段に下げる傾向になったようです。

先日、大工さんと話したらやらないよりもやったほうが良いけれど、
現場の場所が自宅から遠い場所になったら赤字になる場合もあるんだ
よね、と言ってました。

これは、物件価格の下落の限界を意味していると私は感じました。

以前バブルが弾けた時期にも大工さんの賃金の下落はありました。
また、材料の値下げもありました。

しかし、今回はそれどころの騒ぎではないようです。
今までは、下がったといってもバブル時期の賃金に比べれば下がった
と言うことで、損をしてまで仕事をやるほど負担はなかったそうです。

私は大工さんの賃金をあまり下げることにいい結果は生まれないと感
じています。

バブルが弾けたすぐのころに賃金を下げられたことに怒りを感じた、
一部の職人さんがマンションのコンクリートの中にごみを捨てた事件
があったり、戸建てでは、壁の断熱材の代わりに廃材が入っているな
どの物件があったのも事実です。

すべては、モラルの問題かも知れませんが、購入者の方も物件価格が
下がることに喜びや自分の利益だけでを得ることを考えるのではなく
そろそろ目を向けて本当にちゃんとした物件を見つける努力が必要な
時期かも知れませんよ。

あなたもご存知かも知れませんが、もう、材料費は限界の域まで下が
っていますよね?

材料で削れないなら、次は人件費ですよね?
本当に価格下落の限界域です。

来年に不動産購入をお考えのあなた様は、しっかりと物件を見て、
しっかりとした不動産業者から購入してくださいね。

では、また来年お会いしましょう。


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
●編集後記
------------------------------------------------------------------

どうも、つのだです。
年末は、今日で営業は終了です。

30日は大好きな、氷室京介さんのLIVEに行ってきます。
久々に大きな声でも出して楽しんできます。