このブログを検索

ホームインスペクションを使うかどうかの相談

こんにちは、今日のテーマは

「ホームインスペクションを使うかどうかの相談」

です。

一般のお客様で一度は聞いたけど、ってくらいのレベルのホームインスペクション!
ホームインスペクションってなんだよ!?
って意見のほうが多いのが現状です。

そもそも不動産を買いたいと考えてから知る言葉でもありますし、不動産業者そのものがプッシュして宣伝している内容でもないので情報が浸透していないのが現状です。

さて、ホームインスペクションってなんだよって事ですが、
簡単に言うなら、不動産屋とも工務店とも設計者とも確認検査機関とも関係ない第三者によって購入物件の検査を行う事を言います。

新築でも、中古でも、マンションでも依頼して検査を受けることができます。

正直なところ、ホームインスペクションの検査はかなり細かい点までチェックを受けます。
なので、大手の一流ハウスメーカですらインスペクションが入れば、訂正箇所を指摘されることは間違いないと思います。

インスペクションがどこをチェックするのかというと、簡単に言うなら図面と現場が同じかどうかです。(中古の場合は、亀裂や傾きもチェックします)

そもそも図面と不一致っておかしいだろ!
って一般のお客様なら感じるでしょう。

ですが、現場では現場アワセと言って職人さんが、おさまりのいい手法で工事をおこなったり、悪い場合は職人さんがやりやすいように図面の指定と違う方法で工事を行う場合もあります。

図面と違っても構造的にも問題ない場合も多いのですが、図面どうりに行うよりも綺麗に仕上がるなどの良い場合もありますが、インスペクションの検査員は図面と違うという部分を指摘してきます。

たぶん、指摘レベルは数センチの誤差も許さないって感じですね。
(担当者による部分はございます。)

よく言えば、きっちり図面通りの建築を望むならインスペクションの検査は利用すべきとも言えます。

ただ、費用も必要です。(検査内容にもよるが関東圏などでは5~15万円程度)

一般の方もご存知の通り、新築住宅では10年保証がついています。
インスペクションの検査の費用を追加は必要なのか?と言う点を考える必要があります。

現在の新築住宅では、建築確認審査機関といって不動産業者や工務店などと違う第三者機関の検査員が中間検査や完了検査を行い、それに合格して検査済証が発行され、その検査済証がないと銀行の融資も受けれないというシステムになっています。

不動産業者でもホームインスペクションを行う会社をご紹介できますが、お客様によっては、不動産業者とホームインスペクションの会社との癒着を疑う方もいらっしゃいます。
そういった部分が心配ならネットで検索すると複数のホームインスペクション業者が出てきますのでそちらへ直接ご依頼すると良いでしょう。

ホームインスペクションは明確な基準やルールがあるわけではありませんので、調査する会社によっても調査個所や調査方法が異なっております(今後は調査のルールが明確に決められていくと考えられます)ので、依頼者が調査してほしい箇所と調査方法など事前に把握しておく必要があります。

新築の場合は、ホームインスペクションを受けたから何らかの保証が付加されるという訳ではありません!あくまでも第三者の検査を受けた住宅であると言うだけです。

さて、中古の場合です。
中古の場合は、ホームインスペクションを受けることで中古住宅の瑕疵担保保険に入れるように検査とセット販売している会社もあります。

この場合はホームインスペクションを受けて補修工事を受けることで保険にも加入できると言えます。

もちろん、保険料と検査費用と補修工事は別物です。

つまり、ホームインスペクションを受け、欠点を指摘され補修しなければ保険は入れないといった仕組みになっているのが一般的です。

ということは、欠点の指摘された場合は補修工事も必要になるわです。
費用としては、
1、検査代金
2、補修工事代金
3、補修後の再検査代金
4、瑕疵担保保険料
となってくるわけです。

この時点で費用は・・・
かなり高額になると予測されます。

※現在、ホームインスペクションは買主さんの希望で、買主さんの費用負担において行うのが一般的な考えとなっております。今後は、売主さんがホームインスペクションを利用して第三者検査と保証付き物件として売り出すことが一般的になる可能性もございます。

私ども不動産業者ではホームインスペクションを進める方向で調整が始まっています。
国もホームインスペクションを進めるように指導しています。
弊社でも研修を受けたりして仕組みの理解からはじめ、お客様への提案もしています。
ですが、実際の利用者はまだまだ少ないのが現状と言えます。

ホームインスペクションを使いたいとの相談があれば調査会社をご紹介します。
ですが、中古の場合それなりの費用が必要になることを十分把握してして頂きたいと言うことです。

新築の場合に利用するなら、安心料として10万円程度の費用を出せるかどうかという事です。

まだまだ一般的に浸透しているとは言えないホームインスペクションです。
弊社では、検査機関のご紹介も行っておりますので、ご心配なら一度ご相談ください。
メリットやデメリットもご説明いたします。

もちろん、相談は無料です。
※事前にご来店予約はお願いいたします。

船橋市・市川市・習志野市の地域限定の投資・収益物件情報配信中

売地情報配信中!JR総武線の市川~津田沼駅の駅徒歩15分圏内限定物件

中古住宅情報配信! JR総武線の市川~津田沼駅の徒歩15分圏内限定物件

【最新!賃貸物件情報】京成東中山駅徒歩15分圏内の物件情報配信中!