このブログを検索

不動産業は、ボランティアではありません!

最近多いんだけど、仲介業者に電話してきて、
売主の電話番号教えろとか、
元付の仲介業者を教えろとか。。。

非常識にも程がある!

手数料を払いたくない為に、仲介業者を抜いて直で取引したい気持ちもわかるし、
どこの仲介業者で買おうともそれはお客さんの自由です。

ですが、
直で取引したいなら自ら謄本を取得して売主を探すなり、時間とお金を使って下さい。

弊社のような仲介がメインの不動産業者は、ボランティアではありません
無料で売主の情報を取ろうとする行為は、こちらから見ればただの迷惑行為です。

商売として不動産仲介業を行うのですから、売主の連絡先を教えれる訳がないでしょう。

こちらの立場で考えてみたらわかるでしょ!
初めて電話してきて、この物件の売主は誰なんですか?連絡先教えて下さいって、
あなたがやっている行為や言ってることは、こちらの非常識なんだよ。

だいたいこの手の非常識な人の特徴は、
1,フリーダイヤルに電話をしてくる
2,営業時間外に電話してくる
この2点は間違いです。

理解しろとは言わないが、頭の片隅にでも覚えていて下さい。
不動産業は、成功報酬ですが、ボランティアじゃありません。
成功報酬をボランティアと勘違いしないで下さい。

不動産業は契約という行為まで行かないと報酬が請求できない非常に厳しい商売です。
案内しても、従業員があなたの為になんらかの調査行為しても契約しなかったらただ働きです。
契約前にかかる調査費用すらも請求しないようにと国からも言われています。
調査にもお金がかかっているんですよ。

ちゃんとしたお客様は、営業時間内に電話してくるし、礼儀正しい。
ちゃんとした人というよりも、これが常識なんです。

大きい企業は、このような非常識な人を無視するために、
留守番電話の活用や電話番号そのものがわざと、わかりくくしてる。
また、担当者に繋がるまでに沢山のステップを設けているんです!

弊社も、営業時間過ぎたら留守番電話を活用すべきだな~
と感じる今日このごろです。