ローン条項の罠に気をつけろ!!

2006/09/07

不動産の豆知識

t f B! P L
こんにちは^^ツノダです!
今日は、住宅ローンについて少しお話します。

下記の内容は実際に裁判にまでなった事例です。
どういう内容か簡単に言いますと、不動産契約で利用する事の多い、
ローン条項についてのトラブルです。

ちなみに、ローン条項とはお客様の保護の為に契約時にあらかじめ決めておいた融資が受けられない時に白紙解約になる条件の事です。

では、ご覧下さい。

土地建物の買主が、手付金を交付した後に金融機関から意図した融資を得られなかったため、ローン条項に基づき契約を解除して手付金の返還を求めたことに対し、売主及び媒介業者が、ノンバンクから融資を受けることが可能であったにもかかわらず、買主が、融資審査に必要な書類の提出を怠り、さらには申込書を撤回したのは解除条項の適用を排除する約定の契約条項に該当するとして、損害賠償請求(反訴)を提起した事案において、買主の請求が認容された事例
(東京地裁 平成16年7月30日判決 一部認容 一部棄却控訴 判例時報1887号55頁)

結果はどうなったかと言いますと...

本判決は、本件売買契約のローン条項での融資申込先「都市銀行他」にノンバンクが含まれるか否かが判断された事案でもある。

裁判所は、「都市銀行他」とは都市銀行及びこれに類する金融機関を意味するものであって、都市銀行に比べ金利の高いノンバンクは含まれないと判断し、本事案のように、買主がノンバンクに融資申込みをしながら必要書類を提出せず、その後、申込みの撤回をしたとしても本件ローン条項に違反するものではないとして買主の契約解除請求を認容した。ローン利用による不動産売買において参考になる事例である。

つまり、ノンバンクは銀行では無いという事です^^
このケースは実際の取引では以外に多いかもしれません。

銀行でダメなら、ノンバンクを紹介する業者はまだまだ多いでしょう!
あなたがもしも、このようなケースのなった場合には、よく考えて行動しましょう。

本当にあなたが気に入った物件があり、絶対に欲しいのならノンバンクもあり!
でも、支払いにかなり違いが出ることを理解しておきましょうネ。

お問い合わせ先

いい家見つかる不動産屋さん合同会社
代表電話:047-332-5775
お客様専用:0800-800-1511(通話無料)
営業時間:10時~18時
定休日:火・水・祝日

このブログを検索

QooQ