このブログを検索

賃貸契約解除に必要な信頼関係の破壊とは何カ月の家賃不払いから?

こんにちは

今日は

「賃貸契約解除に必要な信頼関係の破壊とは何カ月の家賃不払いから?」

ってテーマでお話し致します。

家賃の支払いが遅れる方や、支払わない方も増えている昨今
保証会社を使っている場合は、保証会社がほとんど作業をやってくれるので安心ですが、
昔から貸している物件の場合などはそうはいきません。

では、大家さんから契約の解除を求めるには何カ月くらいの家賃の滞納があればいいのか?

答えは

3か月

と言われております。

もちろん、支払いの督促もおこなって契約解除の意思も表示しておきます。
そのうえで賃料支払いもしない場合に法的な手続きになるのですが、一ケ月程度の期間では信頼関係は破壊されている状態とは裁判所に認めてもらえないのです。

その一つの基準が3か月と言われております。

家賃滞納者にしっかりと対応してくれる不動産管理会社を選びましょう!