このブログを検索

善意と悪意って使うことあるけど少し意味が違う!

善意と悪意って言葉は、日常の会話でも使うことあるけども
不動産屋で使う意味と日常とは少し意味が違うんですよね~

日常会話の場合
善意=いい人
悪意=悪い人

不動産業界の場合
善意=知らなかった人
悪意=知っていた人

となります。

まぁ、不動産屋と言うよりも民法の考え方なのですが、
同じ言葉でも使い方が沢山あるのが日本語の難しい部分とも
言われていますよね。。。

宅建を取得した人などは、あ~それね!
と思うかもしれないですが、私は宅建とる時に、
この言葉の違いを理解するのに困りました。

宅地建物取引主任者の資格は、この民法と言う部分も出題され
るのですが、不動産取引は法律も関係してきますので試験にも
出題されるんですよね。

まぁ、前から言っていますが営業マンは宅地建物取引主任者の
資格を持っている人のほうがイイよって言う意味がわかるでしょ~

では、今日はココまでです。またね(⌒ー⌒)ノ~~~