このブログを検索

アクセントクロスとは

こんにちは~

今日のテーマは

「アクセントクロスとは」

です。

なぜ、今日はアクセントクロスという話かというと、大手不動産会社の営業マンですら勘違いしている人が多いので説明しておきます。

アクセントクロスとは、部屋の一部の壁紙を色のついたクロスや柄の入ったクロスをはり、壁紙によってアクセントをつけたものを言います。

つまり、単色で水色が前面に貼ってある場合はアクセントではなく、ただの単色です。

ポイントは部屋の壁に一面だけ!
※広さによって2面やに使う場合もありますが基本的には1面
※絵柄などの入ったクロスを前面に貼ったものはデザインクロスと言います。

一般的な建売住宅でも単調のみでなく、アクセントクロスと言われる一面だけにカラークロスを張るという物件も増えています。

一面だけでもクロスのカラーを変えるだけでも部屋の印象は変わります。
また費用面でも差額が少ないのにおしゃれを演出できます。

今日はアクセントクロスとはというお話でした。

最近は不動産にも新しい言葉が多数出ています。
ですが、その商品を紹介する営業マンですら知らずに使っています。

営業マンとの会話にお客様が付いてこれないのではなく、お客様の話に営業マンが付いてこれていない時代に突入しているのかもしれませんね。

弊社には、女性の一級建築士もおりますので、新しいコンセプトの住宅に興味のある方は是非とも弊社にご相談ください。