このブログを検索

県や市、その他の地域によっても物件調査は異なる場合があります。

こんにちは今日のテーマは

「県や市、その他の地域によっても物件調査は異なる場合があります。」

です。

物件調査は、不動産業者の仕事において差が出る部分なのです!!

県や市、その他の地域によっても物件調査は異なる場合があります。

調査のために訪れる、市役所の担当課の呼び名も違ったりします。
課の名称については、全国で統一してほしいと感じておりますが・・・

さて、
不動産って、人によっても物件の見方や価値が変わる。

どうしても欲しい人は、高い金額を出す!
だから、え~って価格で売れていたりする。

不動産業の諸先輩方が、不動産で売れないものはないとよく言っていたが、そりゃ~大げさだよね。

地方ではタダでも売れないみたいな物件もあるからね。
だた都心部では売れない物件はないっていうのは正しいかもしれない。

それらの不動産取引というのは、物件の調査が大前提にあって価格が決まっているのです。

どんなに駅の目のまでも、接道がないなど、上下水設備がないなどの場合は当たり前に値段は安くなります。

これは物件の調査をしっかり行わないと判断できない部分です。

見た目がアスファルト舗装され道路形状になっていても、建築物を建てるための接道要件を満たしていない場合もあるのです。このような場合は素人のお客様では気が付かない部分でもあります。

さて、不動産屋として物件で最低限のチェックポイントがある。
そのポイントは、書類に記載するべき内容だから、間違えられない。

趣味の釣りもそうだけど、地元の人と思われる方などに話しかけてエリアの情報や川底の状況なども知るように努力する。

年配のへら師の方々は特に詳しい人もいる。
情報って本当に重要ですよね。


ちょっと話がそれました。
不動産でも、私は千葉のエリアで商売しているから、神奈川や埼玉などは正直言うと詳しくない。

詳しくないと、その県では当たり前の条例などの調査漏れが発生することもある。

地域によっても物件調査する内容が同じではあるのですが、役所も担当者によっては親切で教えてくれる人もいれば、教えない人もいる。

でも、調査漏れがあると、取引の価格などにも影響が起きるのです。

普段取引を行わないエリアでは市役所の受付にて「●●を調べたいんですが、どこに行けばいいでしょうか?」と聞きながら一つ一つ確認していきます。

そうしないと、調査漏れが起こるからです。


また、物件のある地域のコミュニティにも独特のルールが存在している場合もあります。
町会費の問題などもあります。

役所以外にも、自治会でも個々のルールが存在しています。
例えば、物件価格が安くても、自治会費が極端に高く、お祭りなどの協賛金の要求される地域だったら、そこに住むことでローン以外の金銭も多く出てい行くでしょ?


不動産業者の物件調査は、役所関係だけではないのです。
その点をはき違えている営業マンは多数います。


不動産業者の調査ミスは、売主さんにも買主さんにも迷惑をかけます。

不動産売却の場合は、
特に物件の調査能力の高い不動産業者を見つけることが重要です。


今日も最後までお読みいただきありがとうございました。

船橋市・市川市・習志野市の地域限定の投資・収益物件情報配信中

売地情報配信中!JR総武線の市川~津田沼駅の駅徒歩15分圏内限定物件

中古住宅情報配信! JR総武線の市川~津田沼駅の徒歩15分圏内限定物件

【最新!賃貸物件情報】京成東中山駅徒歩15分圏内の物件情報配信中!