このブログを検索

アパートや、マンションを売りたい時に付加価値を付ける方法

こんにちは^^

今日のテーマは、

「アパートや、マンションを売りたい時に付加価値を付ける方法」

です。

大家さんや、不動産投資家の方が資産の入れ替えなどの理由から所有しているアパートやマンションを売るという状態になることもあると思います。

売るならできるだけ高く売りたい!

当たり前だけど、普段からメンテナンスなどをやっていない物件などの場合は、簡単に値段を上げているなんてことは難しいのは想像できると思います。

しかし、物件そのもの以外にも付加価値を付ける方法はあります。
それは、入居者の問題です。

古いアパートの場合や、入居者が長く住んでいる場合などは、家賃保証会社を利用していないケースが多々あります。

時代の流れとともに、保証会社の利用は当たり前と判断されるようになってきています。

そこで、弊社のご提案をする付加価値とは、
保証会社を利用していない入居者に保証会社に加入してもらうという考えです。

不動産投資のリスクの代表は、家賃滞納です。
この家賃滞納のリスクを減らすこととは家賃保証会社利用することです。

実は、家賃保証会社の利用は契約期間の途中からでも加入できます。

物件を売りに出した場合、買主サイドから保証会社の利用の有無は当たり前のように聞かれます。
それほど、保証会社の利用は一般常識となってきています。

物件そのものの価値をスグに上げていくのは難しいですが、
家賃保証会社を利用して家賃延滞のリスクを減らすという付加価値は簡単にできます。

購入者の立場からすると、保証会社の利用が100%物件は安心につながるのです。
安心という付加価値は、物件価格にも影響が及びます。

弊社では、家賃保証会社も3社ご提案できます。
1、全保連(CMなどでも有名な会社)
2、日本セーフティー(売上100億円達成している大きな会社)
3、フォーシーズ(審査が少し緩い傾向があり)

アパートや、マンションを売りたいと考えた場合は、入居者に家賃保証へ加入してもらうと言う方法で物件の付加価値をつけていくという考えも頭の片隅にでも入れておいてください。

例えば、10部屋中の3部屋だけ保証会社に加入していない場合や、
加入している7部屋が弊社の紹介する3社以外の場合でも対応は可能です。
一つの保証会社にまとめるという方法も相談可能です。

アパートや、マンションと言った、投資系不動産を売りたいと考えたなら一度、入居者全員を保証会社に加入してもらうと言う方法を考えてみてください。

では、今日はここまでです。