このブログを検索

ハウスメーカー頼みではいい土地が見つからない本当の理由

こんにちは
今日のテーマは

「ハウスメーカー頼みではいい土地が見つからない本当の理由」

です。


建売じゃ満足できないというお客様や、ハウスメーカの建築単価が下がってきたこともあり、土地を持っていないお客様が土地から探しますというハウスメーカー依頼しているケースがありますが、はっきり言ってハウスメーカー頼みではいい土地は見つかりません。

ハウスメーカー頼みでいい土地が見つかるなんてことがない理由がハッキリしているからです!

ハウスメーカーと不動産業者では元々のスタンスが違いすぎます。

ハウスメーカー=建物で利益を得ている
不動産業者=土地の転売で利益を得ている

上記の内容でわかるように、両社の考えている事は極端に反対です。

ハウスメーカーは、建物を建ててもらうことで利益を得ているのですから、建物代金を減らすと言う事は、利益を減らすと言う事になりますよね。

つまり、ハウスメーカーは、お客様のプランや仕様を決めていく中で予算オーバーした金額を土地の指値(価格交渉)という手段を選びます。

では、不動産業者立場からすると・・・
本来ならば、建売にして儲けたいけど、早めに売るために利益を少なくしても土地の転売でいいかと建築条件なしの売地として売り出してるのに、なんで無意味な値下げに応じなきゃいけないんだとなる。
※本来、不動産業者は土地で転売するよりも建売などにして売る方が税金面で有利になるなるので、土地のみの転売というのは本音で言うとあまり進んでやりたいわけではないのです。

不動産業者から、ハウスメーカーに依頼をする場合は、土地の値段は決まっており、建物に充てられる予算は○○○○万円というように、話が進んで行くので、ハウスメーカーの担当者も予算が事前にわかっている状況なので、成約になる確率が高いと判断している。

建物先行のハウスメーカーの担当者はお客様に逃げられないように夢ばかりを提案し、どんどんと予算がアップしてしまう。
結果、その追加工事分の予算を土地の価格交渉を行う結果になるのです。

もちろん、ハウスメーカーの担当者でも不動産業者のことを理解している腕のいい営業マンは事前に不動産業者にとってもメリットのある提案などをしてくる場合もあります。例えば紹介料などです。

お客様のイメージもあるのかもしれませんが
不動産屋に相談=しつこくされる
ハウスメーカーへの相談=気軽な相談
といった感じもあるのかもしれませんね~

気が付いてほしいのは、土地をお持ちでない以上は、建物の間取りも決められないのです。
それこそ、絵に描いた餅

土地は土地の専門家である不動産屋の得意とする仕事です。

餅は餅屋というように、専門のところで探すのが一番です。

建物は予算でいろいろ調整できます。
例えば仕様グレードを変えるなどです。

土地は、そのものズバリです!
もちろん、値段も少しは相談できる場合もありますが、基本として変更できるものはないです。
土地を持っていないお客さんは、不動産屋に相談しなければいい土地など手に入りません。

本当にあった話ですが、
1500万円の土地をハウスメーカーの営業マンから電話があり、
欲しいと言うお客様がいるので色々と相談したいと言ってきました。
会ってみたところ、価格交渉はなんと800万円にしてくれという話でした。

一般的に考えてもこの800万円っておかしいと思うでしょ?
半額にちかいわけですから

その800万円の根拠はと、ハウスメーカーの担当者に聞きましたら、
「建物代金がで高くなるので」と言うのです。
話にならない・・・

実はこのような話は少数ではないです。
多々あります。

で、断られると、値段を下げてくれる土地を探すだけなのです。
これは、いい土地を探しているのではなく、値段が下がる物件を探しているのです。

一般のお客様もご存知でしょうが、値段がガツンと下がる物件とはいわるゆ売れ残り物件です。
良い条件の土地ではないことくらい簡単に想像できますよね。

建物は将来に建替えるなどを含め、なんらかの対策を考えられます。
土地はどうでしょうか?

土地とは、動かすことも、変形させることも基本的にはできません。

本当にいい土地を手に入れたいのでしたら、不動産業者に相談するのが一番早く!
一番いい方法です。

今日も最後までお読み頂きありがとうございます。