このブログを検索

買い替えをスムーズに行う方法

おはようございます。

ここ最近、低金利の為もあり、買い替えの相談が増えています。

今日は、
『買い替えをスムーズに行う方法』

というテーマお話し致します。


住宅の買い替え相談のほとんどはスムーズに買い替えできないケースが多いです。

その一つが、売り出し相場よりも借金が多く残っているためです!

例えば、購入した際の物件価格が3880万円の物件で、10年後に買い替えを考えていたとします。
3880万円の借入フルローン、金利3%、35年返済で購入した場合、120回後に約31,48万円残債

つまり、3148万円以上の金額で売却しなければ、抵当権の抹消ができません。
もちろん、原則としてですが。

では、10年前よりも、景気は良くなっているでしょうか?
悪くなっていますよね?

と言う事は、10年前よりも不動産の価値は、下がっている可能性があるのです。


上記のような事情から、売却査定を行った場合、査定額よりも債務が多い状態になり、買い替えが
難しいという結果になります。

その理由から、不動産屋は「売却を先行して頂かないと厳しいという答えを出すのです。」



でも、もっと簡単に買い替えをスムーズに行う方法があります。

それは、不動産屋の買取価格を基準にして、銀行と交渉する方法です。

不動産屋の買取は、実際の一般ユーザーへの売却価格よりも安くなる可能性が高いです。
銀行は、売って損する分も次に購入する不動産で担保価値があると判断すれば、融資をしてくれる
可能性が高いのです。

銀行の立場からすると、一般の方がいくらで売買が成立するのかわからない状況において、
融資の決断を出すのは無理ですよね?

だから、安い価格でも不動産屋の買取価格で損する金額を確定してくれれば、融資審査ができるのです。

その買取金額が確定したら、契約しても問題ありません。

原則として、借金を返さなければ、融資は受けれません!
抵当権の抹消に応じない。

でも、次の物件で上乗せして借りることで買い替えを成功させるのです。


実際には、新しく買った物件の引き渡し日まで時間があるので、その期間は、一般のお客さまを探す
ように売り出しをしておき、その短い期間でも買いたいというお客様が見つかったら売れば良いのです。

一般の方が買うのですから不動産屋の買取金額よりも高くなったのでれば、借入も減りますから安心です!


では、今日はここまでです。