このブログを検索

不動産を高く売るには、○○が必要

こんにちは

船橋は天気よすぎて熱いです。

今日は、

「不動産を高く売るには、○○が必要」

ってテーマでお話ししたいと思います。

さて、今の不動産事情はインターネットの発達で、一般のお客様が相場を把握しやすくなっています。

昔は、営業マンのトークで値段もあるいみ、営業トーク次第ではなんとかなりましたが、今はあまりにも相場とかけ離れた説明をしようものなら、他の不動産屋さんにお客様は行ってしまいます。


今でも、売りたい人は、大手が高く売ってくれるという迷信みたなものを信じている人が多いです。
この時点で、高く売れる確率は0%に近くなります。

大手の不動産会社は、高く売ることが目的ではなく、仲介手数料を両手にすることが目的です。

不動産業は、成功報酬なので、簡単に言うと成約しなければ金にならないのです。
だから、売主さんの一方が高く売りたいと粘られると、成約にならないし、両手の手数料をとれないから売主さんに値段交渉に応じるように説得してくるのです。

大手の場合、価格を下げる気がないと判断すると、お金のかかる広告もやらなくなります!
とはいっても、他社に広告してもらうというお願いはしてきません。
プライドなのか、なんなんか?お客様の都合よりも会社の都合によるものですからお客様だけが迷惑を被る。

さて、不動産を高く売るには、○○が必要
と言いましたが、この○○とは【覚悟】です!

絶対に、この価格以下では売らないという覚悟をしていれば何故か、いいお客様が見つかります。

理由は私もわかりません。
でも、見つかります。
私は20年以上、不動産業界にいて、この不思議なことに幾度も経験しました。


今のインターネットの時代は、どれだけの方にご自身の売り物件が目に留まるのがポイントです!
大手は、両手にするために、情報を自社でため込み他社に情報公開しません。

例えば、弊社では広告を弊社以外の同業者にもどんどん広告してもらうようにお願いしています。
大手の不動産業者と真逆な行動と戦略です。

早く、あなたの家を買いたいとお考えの方の目にとめて頂けるかがPOINTだと考えるからです。
デフレの影響もあり、昨日よりも今日、今日よりも明日が安くなる可能性が高いのです。
たったら、できるだけ早く売ることも高く売る秘訣であるこは事実です。

しかし昨今、買主さんは無理と思われる価格交渉を入れてきます。

インターネットが主流のこの時代では、営業トークでめちゃくちゃ高く売ることは難しいですが、誠実で安心できるお店でお客様は不動産購入を決めます。

本当の落としどころの価格をしっかり見極めてくれる不動産屋は意外と少ないですよ!
いい不動産屋選びは、高く売る秘訣です。

では、今日はここまでです。