このブログを検索

家賃の滞納が増えているようです!

こんにちは

船橋市は、まだまだ寒い日が続いています。

さて、最近

家賃の滞納が増えているようです。


アベノミクスは、大企業の一部には効果があったのかどうなのかと聞きたくなる昨今、中小企業でがんばるサラリーマンの皆様の生活が苦しい状況なのでしょう。

首都圏の賃貸物件では、家賃の保証会社を使っているケースが多いので、大家さんは一定金額の収入が確保されるので安定はしている方もいらっしゃるのですが、家賃の延滞が増えることは大家業を行うオーナーさまにとっては大問題です。

借りている方は、ご存じないのかもしれませんが、大家さんは1年分の家賃が入る前提での確定申告を行います。家賃が入っていなくても、入った前提なのです。

つまり、家賃が遅れていても、一旦は入ったことにしての申告を行い、税金を納めることになっているんです。だから、家賃が遅れたりすることは大問題なのです。

さて、日本も雇用体系が、正社員からパートさんや派遣といった方向へ進む時代なのですが、正社員の方でも、収入が上がらないのに、保険料や年金の負担金額が増えているので、実質の手取り金額が減っている状況にあります。

そのため、家賃の滞納という結果になるのでしょう。

引越しをしたくても、一定金額の敷金や礼金、保険料に仲介手数料などが必要になることがほとんどですから、雇用体系が安定しない情勢では引越しも出来ないのかもしれません。

家賃の支払いが遅れることは、大家さんとの信頼お関係にも問題があると言えます。
追い出されないにしても、更新の拒絶となる場合もございます。

家賃が遅れ出す前に、不動産屋に相談してみて下さい。
早めのほうがいいですよ!