このブログを検索

不動産業界の高く買って、安く売るの矛盾点!

おはようございます。
昨夜の強風は台風並みでしたね><

さて今日は、『不動産業界の高く買って、安く売るの矛盾点!』についてお話し致します。

たまに、高額買取!って不動産屋のチラシを目にします。
そんな会社に限って、安く売ります!ってチラシも入れています。
おかしいですよね?

確かに、企業努力によって可能になるのかも知れませんが、非常に難しいと思います。
安く買って高く売るのが、商売の基本です。

さて、弊社の場合ですが、前のブログ記事に書いたように弊社の取り扱う不動産という商品に関連する業務(引越し屋・司法書士・家屋調査士など)からのマージンを頂かないスタイルで他社よりもかかる費用を安くする方法を構築しています。

数千円の違いかもしれませんが、他社よりも絶対に安くなっている自信があります。

物件に関しては、仲介の場合、売値は売主さんが決めるので、原則として値段はどこの不動産屋で購入しても同じ値段になる。

不動産は同じものは存在しないので、物件価格が同じなら、付随するサービスで価格を安くするという方法が一番ベストだと私は判断しました。

不動産に関するサービスや価格は比較対象が出来ず、判断しにくく、一般のお客さまは営業マンの雰囲気やトークによって成約まで導かれているのも事実!

時代が変わってインターネットで情報が溢れてきた今でも、不動産業界は営業マンとの接点を利用しないと、物件の購入が出来ないので、営業マンの腕が影響するのです。

結果的に、騙さたという人が減らないのもこの業界の特徴でもあります。

弊社のマージンを頂かないで安くする方法とは、みんなが幸せになる方法です。
関連する業者さんも見積もりの上乗せが不要なので、お客さまの満足価格(見積り)の提示が出来ます。

不動産の購入や、借りたい人も、是非弊社に相談下さい。
少しかも知れませんが、経費を少なくできますよ!