このブログを検索

新築マンションと新築一戸建の耐震性はどっちがいい?

こんにちは。って久しぶりですね~更新(汗)


今日は、新築マンションと新築一戸建の耐震性はどっちがいい?
という事について私なりの意見をお話します。

マズ結論から言うと「新築一戸建」のほうがいいと思います。
どんなに、免震や耐震の技術を使って施工していても、壊れるときは壊れると言うのが本音です!


じゃあ、何故に「新築一戸建」のほうがいいというかと言いますと、
万一の場合にも一戸建は修復・補修が容易にできると言う点です。

実際にあるパワービルダーで筋交いが入っていない物件がありましがスグに補修されました。


マンションの場合は、鉄筋が少ないなどの欠点を見破るのは素人では難しい!

いや、無理に近いでしょう。
もちろん専門の業者による調査ですべての壁などをチェックすれば可能と言えますが、資金的には調査できないのが本音でしょう。

マンションの場合に鉄筋が少ないと発覚しても、補修は容易ではない。
もしも、あなたの買った部屋の壁だけが、鉄筋が少なくて地震の際に壁が壊れたら?
どうなるでしょう。。。

マンションも一定の検査を行い工事は段階的に進むのですが、まだ忘れていませんよね?
記憶にまだ残っていると思いますが、耐震偽装問題。

あれは、検査のステップも通って物件が完成しているのです。
その結果、建物は建て直したケースもありましたよね。
当時の売主のヒューザーは倒産しました。


東北の震災以降に、免震技術などの問題を言うお客様が増えましたが、マンションの方が免震技術や耐震技術が優れていると思っているケースが多いです。

それも解らないではないです。
CMなどでこれでもか!と技術を宣伝しているのですから。。。洗脳されますよね。

一戸建に関しては、一部のハウスメーカー以外免震などについてそれほどCMしていないのが現状ですしね。


また、万一地震で建物が一部倒壊や全壊した場合も、一戸建てが有利です。
一戸建てならご自信の都合で補修や建て直しが出来るので、スピードも速く今までの生活に戻れる可能性も高まります。

しかし、マンションは集合住宅ですからご自信の都合では補修できないケースあります。


地震などの震災が起きなければ何も心配しなくてもいいのですが、この数十年には大きな地震がくると言われている今は、私は不動産屋として新築一戸建てをオススメします。