このブログを検索

住宅ローンについての追加情報。

こんばんは^^
今日、住宅ローンについての追加情報をあなたさまに。

私は、住宅ローンアドバイザーとしてお客様へ住宅ローンの違いなどをお伝えして
いるのですが、追加情報として、いくつか情報を提供したいと思います。


まず、「千葉興業銀行」についてです。
ここの住宅ローンは今はかなり厳しいです。
と言うか、ありえないことを言います。

先日、住宅ローンの内容の確認の為に津田沼の住宅ーンセンターに行って確認
したのですが、正直ビックリ!

千葉興業銀行さんは、ホームページを持っていない会社に勤務ているお客様の
住宅ローンの申し込みは、基本的に受付ないそうです。

その原因としては、会社の情報が公開されていない会社はどんな会社なのかわ
からないからだそうです。

つまり、日本の中小企業などでホームページも無い会社は、審査基準にものらな
いの受け付けないと言うのです。

ありえません(怒)言っている内容がひど過ぎます。

もちろん、「まったく受け付けないとは言いません。」が、
勤め先の会社の売り上げや資本金などがわかる内容の書面出したら受付すると
いうのですが。。。

中小企業の社長さんが、社員にあまり聞かれたくないような、売り上げの状況な
どなども記載を求めるのです。

中小企業の普通の社長さんなら、あまり聞かれたくないよね~
というか、社員に知られたくない内容も社長さんは多いでしょう。

結論から言うと、千葉興業銀行さんは住宅ローンはやりたくない!
と、私は感じました。

あなたさまの会社にホームページがない場合には千葉興業銀行は、受付もしな
い可能性が高いと理解して下さい。

念のために、千葉興業銀行の住宅ローンセンターの担当者に再度確認しましたが
「ホームページがない会社は基本的に住宅ローンの受付はできない。」
そう理解して理解しても構いませんといっていました。

ひどい話です。
ホームページのない会社の人って多いと思うんですがね。。。



さて、今度はいい情報です。
東京三菱UFJ銀行さん。

今、非常にいいローンをご用意されています。

このローンがかなりメリット有りなんです。
東京三菱UFJ銀行さんと住宅金融支援機構が提携した住宅ローンなんです。

保証料はかかりません。
新築物件ご購入・建築、または戸建中古物件のご購入にご利用いただけます。
店頭金利から完済まで年1.00%差し引いてくれる。
そして、女性にもやさしいローンです。


住宅金融支援機構さんと言えば、フラット35
ところが、フラット35はやっぱり金利が高いという人には、この商品がいい。

一般の住宅ローンとほぼ同じ金利が利用できる。
その上、審査基準も一般の住宅ローンよりも低く設定されていると聞きます。
フラット35の審査の基準にかなり近いようですね。

ただし、このローンは東京三菱UFJ銀行さんだけしか使えません。

ほかの銀行で、住宅ローンの審査に駄目といわれて困っている方は、
是非、東京三菱UFJ銀行さんに相談してみてくださいね。

きっといい答えがもらえると思いますよ。
では、今日はここまでです。