このブログを検索

住宅版エコポイントってどう?

━━━━━━━━━━━━━━━━━━ VOL. 065 ━━ 2010. 2.22 ━━
『たった30分でわかる失敗しない不動産選び』    読者数215名
------------------------------------------------------------------
本日の内容:住宅版エコポイントってどう? 対策レベル ★★★★☆
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
それでは本文の「住宅版エコポイントってどう?」です。
------------------------------------------------------------------
いや~相変わらずの寒さですね。戦う不動産営業マンつのだです。
日々の寒さで、お財布も震えています。(笑)
では、今年最後のメルマガは...
「住宅版エコポイントってどう?」です。
平成21年度、第2次補正予算が平成22 年1 月28 日に成立し、
住宅版エコポイント制度の創設が正式に決まりました。
でね、この制度概要とポイントを今日は、簡単にご説明します。
まずは、エコリフォームとエコ住宅の新築とに分かれます。

●対象工事期間
エコリフォームの場合
平成22年1月1日~平成22年12月31日に工事着手したもの(注)
エコ住宅の新築の場合
平成21年12月8日~平成22年12月31日建築着工したもの(注)

(注)エコリフォームとエコ住宅の新築いずれも、、
平成22年1月28日以降に工事が完了したものに限られます。

●エコポイント発行申請期間
エコリフォームの場合
平成23 年3 月31 日まで
エコ住宅の新築の場合
□一戸建て
平成23年6月30日まで
□マンション
平成23年12月31日まで
(ただし11階建て以上のものは平成24年12月31日まで)

●工事の内容
エコリフォームの場合
・窓の断熱改修(内窓設置(二重サッシ化)ガラス交換(複層ガラス化)
・外壁、天井又は床の断熱材の施工
※これらに併せてバリアフリーリフォームを行う場合ポイントを加算
エコ住宅の新築の場合
・省エネ法のトップランナー基準(省エネ基準+α(高効率給湯器等)
相当の住宅
・木造住宅(省エネ基準を満たすものに限る)
※トップランナー基準:各製品ジャンルで最も省エネ性の高い製品の
性能を基準にしたもの

★特徴 
住宅版エコポイント(最高で30 万ポイント=30 万円)が、「家電版エコ
ポイント」と大きく異なる点は、エコ住宅の新築、エコリフォームで獲得
したエコポイントの“即時交換”が可能となったことです。
また、この制度を利用する場合、補助金や減税措置といった他のメリット
も併用できます。
いかがでしたか?
エコポイント対象になる商品や、工法などがある程度指定されています、
この商品の部分を説明すると、とても長くなるので~今回は省略。

個々の商品などは、不動産販売業者や、リフォーム業者に確認する事を
お勧め致します。

さぁ~この制度が低迷した、不動産業界やリフォーム業界に追い風とな
るか? って、なって欲しいと願う私です。(笑)
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
●編集後記
------------------------------------------------------------------
どうも、つのだです。
不動産投資が最近は凄いですね~
問い合わせの半分は、アパートやマンション投資の相談です。

まぁ~そんな関係もありアパートローンについて最近は調べる機会が
多数あって、感じたんですが。。。
意外と複雑!!!
金利があいまい!!!
借入期間があいまい!!!
つまり、お客様に説明しにくい。
う~ん。

簡単に言うと、借入をしたい物件や、借りたいと言っている人によっ
て、かなりの差があるってことです。
物件がいい商品や、借入希望者の勤務先や、自己資金比率で、貸出金
利に大きな差があるようです。

だから、銀行も表向きにアパートローンの金利を公表していない事も
多々あるのだと感じました。

いくつか、ケースを挙げますね。
●建物の構造の違いによる借入期間の違い!
木造、鉄鋼造、鉄筋コンクリート造、それぞれの構造よって借入期間
に違いのある銀行があります。
●家賃の収入による判断基準。
●購入時の自己資金比率による金利優遇の幅。
簡単に3つ挙げました。

とにかく色々な商品があり、保証料が掛からないが、金利が高いなど
ちょっと聞いたくらいでは、判断しにくいな~っと私は感じました。
金利も人によってとか、物件によってとか、かなり開きがあります。
不動産投資の場合には、銀行選びも非常に大事と言えますね。
商品の選び方で、かなりの差が出ると言えますので慎重にね!